「日照」について

 不動産の価格をご自分で査定したい人向けの「みんな鑑定士」シリーズの第22回目です。
 今回は「日照などの自然的条件」についてご説明いたします。日照の確保、温度、湿度、風向き、通風などの自然的条件の良し悪しは、居住者の健康に影響を及ぼし、居住の快適性を大きく左右するものです。
 

 <日照などの自然的条件による格差率>
 (優良住宅地域) 優る101.5 普通100 劣る98.5 
 (標準住宅地域) 優る101.5 普通100 劣る98.5 
 (混在住宅地域) 優る101.5 普通100 劣る98.5
 (農家集落地域) 優る101.5 普通100 劣る98.5            
 
   「優る」~ 日照などの自然的条件が通常より優れている画地
   「普通」~ 日照などの自然的条件が地域において通常である画地
   「劣る」~ 日照などが通常以下であって自然的条件が劣っている画地

(参考:土地価格比準表第7次改訂) 
 
 
 
 例えば、標準的な画地の土地価格が100,000円/㎡程度の混在住宅地域内にある土地で、隣地に建物が存するため日照が阻害されている場合の土地価格は、
 (標準的画地価格) (自然的条件格差率)
 100,000円/㎡ × 98.5/100 = 98,500円/㎡
 となります。
 
 なお、日照や通風の阻害されている程度により格差率は大きくなったり、小さくなったりしますので、上記の格差率はあくまで目安の数字です。
 
 
 不動産鑑定評価、土地価格についての問い合わせはこちらまで
 不動産鑑定評価など弊社のサービス案内についてはこちらまで

会社説明

前の記事

確認書について