過去時点の評価について

 先日、「相続相続がらみで20年前の不動産価格を知りたいが、鑑定評価してもらえるか」というご相談を受けました。」
 
 不動産の価格は時とともに変動しますので、評価にあたっては、いつ時点の価格を求めるか(価格時点)を確定する必要があります。ご依頼のほとんどは、現在の価格(いわゆる時価)を求める評価となりますが、今回のように過去の価格を求めるご依頼もあります。これを過去時点の評価といいます。
 過去時点の評価を行う場合、その当時(今回のご相談でいえば20年前)の対象不動産を写真や図面などの資料で的確に確定することが可能であること、また、当時の取引事例など評価に必要な資料を収集することが可能な場合に限り、過去時点のご依頼をお受けすることができます。これらの資料の収集の難易は、地域によっても大きく異なりますので、過去時点の評価が必要になった場合は、一度、弊社にご相談いただければと思います。
 
  
  不動産についての相談、不動産鑑定評価の問い合わせはこちらまで
  不動産鑑定評価など弊社のサービス案内についてはこちらまで

前の記事

土砂災害防止法について